モジュール ソリューション SIテンプレート アライアンス 管理会計 カタログPDF Q&A

PCA Dream21 特長

PCA Dream21

製品の特長

導入スピード

  • パッケージソフトとして完成されているからすぐに使える
  • 必要な業務モジュールだけ導入できるからすぐに使える
  • 連動するアプリケーション・テンプレートが豊富だからすぐに使える

市場変化対応スピード

  • 新会社法、減価償却制度改正にもスピード対応
  • 市場変化に合わせた業務変更をアドオンカスタマイズでスピード対応
  • 最新OS・データベースにもスピード対応

業務処理スピード

  • 直感的な操作画面で操作スピードを向上
  • 業務、部門を横断して同一のマスタを利用しスピードを向上
  • 各業務から経理データが自動生成され処理スピードを向上

意思決定スピード

  • 必要なデータが統合データベースからリアルタイムに取り出せる
  • プロジェクト、2つの補助科目、管理会計データ、売上仕入3次元集計など、分析の切り口が豊富
  • 各業務から経理データが自動生成され処理スピードを向上
統合
業務統合
会計業務(財務会計+管理会計)、販売管理業務、仕入(購買)・在庫管理業務、給与計算業務、固定資 産管理業務を同一システムで管理し、システム間の整合性を担保し、二重処理を徹底的に排除します。
マスタ統合
部門、従業員、取引先等、各業務で共通して使用されるマスタ情報を共有し、権限を有する者が適切にメンテナンスすることにより正確な情報管理を実現します。
統合データベース
全ての取引データは単一のデータベースに蓄積され、情報の把握にかかる時間が極限まで短縮されます。サーバメンテナンス、保守、バックアップ管理にかかる作業コストが減少します。
接続性
他システム連携
アプリケーション間の自動連携を実現しデータ収集スピードが向上します。(XMLWebServicesによるSOAの実現、仕訳テキストデータ自動受入、分析用データベースの開示)
カスタマイズ対応
部品化されたアプリケーションインターフェース(PCOM)を利用し、パートナー様によるアドオンカスタマイズを実現します。
PCOMによる他システムとの親和性

PCOMによる他システムとの親和性 PCADream21システム構成図

「PCA Dream21」はERPの自由をパッケージソフトのコストで導入できます。基幹業務は「PCA Dream21」をコアにする事で、最速で機能します。

PCOMなどの技術を利用し、他システムとの統合で業務をさらに効率化。LAN・WAN・インターネットに対応し、リアルタイム・スピーディな処理を実現。

連続したデータ管理
従来の業務ソフトでは過去の会計期間のデータ検索は過去の会計期間を格納した別のデータ領域に戻ってから行う必要がありましたが、「PCA Dream21」では複数に渡る会計期間のデータを一つのデータベースに格納しているため、過去の会計伝票などの詳細な検索や、前年の同一時期との正確な比較をよりスピーディーに実現させることができます。さらに、未来の情報を予め登録しておくことができるため、マスター管理における作業負担を軽減させることができます。
プロジェクト管理
プロジェクト・セグメントを設定することにより、プロジェクト別・事業種類別、地域別などの視点で損益の集計ができます。
2種類の補助設定

各勘定科目に対して、補助1(相手先)補助2(物)の2種類の補助分類が設定可能です。 補助1別元帳、補助2別元帳などの詳細な管理帳票を作成することができます。

例えば、売上高に対し、補助1に得意先を、補助2に商品を登録することで、「どこに」「何を」「いくらで」「何個」販売したかという管理が可能になります。

セキュリティ

ユーザーごとに使用可能な科目の設定、伝票の修正・削除・承認の権限設定が可能です。また、権限のレベルは100レベルに分類が可能で、レベルごとに使用可能処理を設定できます。マスターは統合されていますが、細かなセキュリティを設定することにより得意先情報・従業員情報・財務諸表などお客様の最重要データを守ります。

チェックリストで各伝票に承認印を押すことができます。これにより各業務担当者が承認したデータのみをシステムに反映することが可能です。

「マイメニュー」でメニュー画面をカスタマイズ
担当者の運用目的にあわせて使用するメニューを選択して運用することができる「マイメニュー」機能を搭載しました。
リアルタイム
販売や仕入に関するデータは登録後、リアルタイムで財務データに反映されます。 二重入力の手間がなくなり、財務と販売・仕入のデータが不整合、といった問題も解消します。 さらに、スピード経営に必要な情報を、必要な時に必要な形で利用することが可能となります。
内部統制対応

内部統制を行っていく上で重要となる、操作ログ管理機能、監査機能(消費税・伝票番号のチェック)を搭載。また、充実のセキュリティ機能を搭載しています。

経済産業省から提出されている「財務報告に関わる統制ガイダンス」に準拠しています。

管理会計

財務会計とは別に、管理会計(内部売上・社内売上・社内仕入・業績評価目的の部門振替など)の仕訳入力が可能です。

資料も切換ひとつで作成することができます。

履歴管理機能

マスターなどに変更があった場合に更新基準日を設定することで変更前と変更後の履歴を管理することができます。

例えば、4月から社名が変わる際に3月の請求書は旧社名、4月からの伝票は新社名といった運用が可能になります。

多様な帳票出力

帳票作成時に「画面」「プレビュー」「PDF」「印刷」「汎用データ」が選択可能です。また、出力範囲やパターンを指示することも可能です。

資料をPDF化することで、グループウェアやメールを利用した配信はもちろん、社内資源の活用を目的とした閲覧ホームページなどで閲覧することができます。 データを汎用データとして出力することにより、表計算ソフトなどでデータを読み込み、資料やグラフを作成するなど、データの2次利用が可能となります。

操作ログ管理機能
Dream21の起動・終了、データ領域の作成・更新などシステムにかかわる操作履歴を出力する「システム操作ログ」とマスターや伝票などの登録・修正や帳票の印刷などの処理の操作履歴を出力する「領域操作ログ」を搭載しています。

ページの先頭に戻る