製品情報 モジュール ソリューション SIテンプレート カタログPDF Q&A

PCADream21アライアンス 会計・設備資産管理ソリューション iConductorご紹介

統合型業務ソフトPCADream21アライアンス 会計・設備資産管理ソリューション iConductorご紹介

経営者の皆様、設備資産の会計処理・管理業務を正しく行えていますか?

会計業務と設備資産業務のシームレスな連携により、以下を実現します。
  • 会計の管理台帳をマスターとした正確な設備資産管理
  • 購入から廃却までの設備資産のライフサイクルをトータルに管理
  • 手作業で行っていた設備資産の管理業務の手順化により確実性向上とミス防止

1.効果

会計・管理業務の負荷軽減/確実性向上

設備資産の棚卸結果を、直接会計業務の台帳へ反映できます。

→減価償却業務の負荷を大幅に軽減

設備資産の実態をリース資産台帳と関連付けできます。

→リース物件の利用状況を正確に把握

ソフトウェア購入数と実際の利用数を突き合わせできます。

→ソフトウェアライセンスの利用状況を正確に把握

企業のコンプライアンス(法令順守)を支援

誤り、不正が生じない正確な棚卸に基づいた減価償却を行うことができます。

→正確な減価償却

リース契約とリース物件の正確な関係付け、返却期限の管理を行うことができます。

→リース契約の遵守

購入台帳に基づいた正確なライセンス管理を行うことができます。

→ソフトウェアに関するライセンス正当性の証明

アピールポイント

  • 設備資産に関する企業のコンプライアンス(正確な減価償却、ソフトウェアライセンス管理の正当性証明、リース契約の遵守)を証明できます。
  • 設備管理業務における内部統制が実現できるため会計処理の信頼性が向上します。
  • 固定資産(経理の観点)、設備資産(設備管理の観点)を一元管理することにより、設備の利用状況を正確、かつスピーディーに把握できるため、設備資産の投資、有効活用について的確に判断できます。

2.連携イメージと効果

iConductor for Dream21とDream21の管理情報をワンクリックで相互に反映

3.運用イメージ オンライン、オフライン(検討中)での連携が可能です。

4.動作環境 iConductor for Dream21

種別 動作 OS / ハードウェア システム要件
操作 PC

Windows XP Professional/Home Edition

Windows 2000 Professional

・PentiumV 500Mhz 以上の CPU、256MB 以上のメインメモリが必要です
・Microsoft Excel 2000 以降が必要です
収集対象 PC 全ての Windows OS に対応 ・OS がサポートしているハードウェア要件を満たしている事
・作業領域として、10MB 以上の HDD 空き容量が必要
什器情報収集用 Pocket PC 富士通 Pocket LOOX シリーズ
FLXV7, FLX3A, FLX3AW
富士通 MultiPad
・ OS がサポートしているハードウェア要件を満たしている事
・ Pocket LOOXシリーズを利用する場合、データ保存用のメモリーカード、CF カード型バーコード・レーザースキャナー “IBS Japan Pocket Scanner (PLS-5000) “が必要です
※ POP3/SMTP または Lotus Notes/Domino などの電子メールの送受信が行える環境が必要です
(リムーバブル・メディアで資産情報を収集する場合は不要)

ページの先頭に戻る